りんごっこ保育園グループは東京都第3者評価で「オールA」という高い評価をいただきました。

Counter



 最終更新日 2016年8月16日


        


メール

  りんごっこ保育園へのメール







○りんごっこ保育園の特徴   
本年1月1日から社会福祉法人に認可されました・ 
1 はだし保育(床暖房)          
2 間仕切りなしのオープンスペース保育
3 放射能対策実施(給食食材等)
4 緑茶うがいの実施プラズマクラスター設置

 ◎りんごっこ保育園グループの空き状況 
 認可りんごっこ保育園  
 りんごっこ保育園
  (認可分園)
 
 市認可
 小規模保育所
  りんごっこ 
  駅前保育園
  (東村山駅前)
 市認可
小規模保育所
  りんごっこ  久米川駅前
 保育園
 0才児       0才児   0才児     0才児 
 1,2才児    1才児   1才児    1才児 
 3才児     2才児   2才児    2才児 
 4才児     ※受入月齢  
産休明け (57日め)
〜2才
※受入月齢
産休明け(57日め)
〜2才
※受入月齢  
産休明け(57日め)〜2才
 5才児   
   ※一時預かり ※一時預かり
※受入月齢  
  産休明け(57日め)
  〜5才
◎ 欠員の出る場合も
  ありますので、見学な
  どお問い合わせ下さ
  い。 
 電話 394-2327


 ◎ 欠員の出る場合
もありますので、見学
などお問い合わせ下
さい。


電話 313-0647 

◎入園ご希望の方
は、直接 りんごっ
こ駅前保育園にお
問い合わせ下さ
い。

電話 397-1381
◎入園ご希望の方は、直接 りんごっこ久米川駅前保育園にお問 い合わせ下さい。

電話 3130135
※どの園も、見学の上、空き状況を御確認下さい。なお、入園は市役所に申し込みされ
          た上市役所で入園が決定します、欠員がないこともありますので、ご了承ください。         
※受入月齢  産休明け 〜 2才まで                           


 
  ◎保育士を募集しています(有資格者)。
 
  ★ 勤務地はりんごっこ保育園グループの
    各保育園(東村山市内)です。
     詳しくは п@042−394−2327へ


★ イベント★フォトコーナー
★ 東京都の第三者評価の結果がでました。
★ 給食だより
★ 保健だより
★ 放射能 体内被曝対策
★ NHKで紹介されました。 
★ 苦情処理について
★ キャンディチーズ窒息事故発生 !   
  (でも無事でした。「国民生活センター」HP
  にも掲載されています。ご参照下さい。)

りんごっこ保育園グループ開設10周年記念地域交流事業
りんごっこ保育園グループの「トーマス」型のミニSLです。石炭を燃やして走ります。
 
  一昨年12月から組み立てて準備を進めていた「り
んごっこ保育園」のミニSLが完成し、1昨年10月20日
は、「ミニSL乗車の集い」を地域の人たちと行いまし
た。約60名の方々が参加され、実際にSLに乗って
楽しみました。
 1月19日の昨年最初の「乗車の集い」では、命名式
をおこない、「りんぽっぽ1号」と名前をつけました。
「ミニSL乗車の集い」
 
大岱公園にて。
2015年11月14日(土)
  


      
    

 お知らせ「内部被爆対策」について
  りんごっこ保育園グループでは、内部被爆を
防ぐため、安全を第一に、給食の使用食材
は西日本産に限定、厳選し(牛乳・ヨーグルト
は長野・黒姫高原牧場産限定で直送)、その
産地は、毎日、各園内掲示板に表示してあり
ますので、ご参考にして下さい。また、放射能
測定器を各園に備え測定を行っています。



  13年3月1日、久米川駅北口から野火止用水方向徒歩3分のところに、「りんごっこ久米川駅前保育園」が開園しました。東京都A型認証保育所で開園し、15年4月から東村山市認可小規模保育所、定員19名です。
  野口町の東京都B型認証保育所「りんごっこ第一保育園」は、12年9月1日から都A型認証保育所「りんごっこ駅前保育園」として移転、再出発しました。定員19名で、15年4月から東村山市認可小規模保育所となりました、 東村山駅から徒歩3分のところです。
  りんごっこ保育園は、認可保育園に入りたくても入れない待機児の子どもたちのために、定員28名の分園(りんごっこ第2保育園)を開園させ、園全体では、29名増の定員106名となりました。今年も新入園児たちが元気に登園しています。 
★りんごっこ保育園グループでは、どの園でも、放射能測定器を備え、食材は放射能汚染のない安全なものを使用し(下記参照)、また園舎内にはプラズマクラスターの加湿器・空気清浄機・エアコンなどを設置、また園舎に入る前、夕方の水分補給の前などには、「緑茶うがい」、手洗いを励行し、嘔吐物処理は看護師を始め、クラスごとに第3責任者まで決め、感染症予防に取り組んでいます。                         

    放射能の測定結果について
 東萩山小で2.1μsv/hの放射線量が検出されたことから、東村山市は今月、除染の基準値を 0.19μsv/h(その後、0.23μsv/hに変更)と決めました。
 当園では、園内の放射線量を7月から東村山市が測定してきましたが、10月19日の測定の結果、本園園庭入口南側の小さい花壇で、今回初めて、東村山市の除染基準値0.19μsv/hを超える0.192μsv/hの線量が検出されました。
 基準値を0.002μsv/h超えているため、10月24日、東村山市子ども家庭部子ども育成課が中心となって除染(汚染土の除去と仮埋設)をし、線量は0.09〜0.11μsv/hとなりました。
 子ども達の命と生活を守る保育園として、東村山市内まで迷惑をうけることになったことについて、これまで安全だと言って原発を推進してきた東電、国に対して強く抗議の意思を表しておきます。